令和3年 新年のごあいさつ 武井陽介

あけましておめでとうございます。

当研究室も、今回で6度目のお正月を無事迎えることができました。この場を借りて、旧年中お世話になった方々にお礼を申し上げます。

昨年は、佐々木助教の筆頭でMolecular Brainに論文が掲載され、また李金旻君が修士号を取得し中国に帰国しました。来年度から研究室は新任のスタッフを迎え、研究・教育活動共に新しい風が吹くことになりそうです。

私たちの研究グループが所属する『ニューロサイエンス学位プログラム』がスタートして1年になりました。コロナ禍の影響か、来年度の新入生や留学生は少なめでしたが、ニューロサイエンスのプロフェッショナルを目指す多くの学生がどんどん参加してくれることを願っています。

昨年度は、世界中がCOVID-19への対応に追われた1年間であり、新年早々首都圏に緊急事態宣言が発出されるなど、新年早々騒然とした社会状況ではありますが、感染対策等に注意を払いつつも、やるべきことをやり、教育と研究が滞りなく進むよう工夫を重ねて参りたいと考えております。

本年も、ご指導ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

2021年 初春 解剖学・神経科学研究室 主任教授 武井陽介

View of Diamond Fuji from Mt. Ryugatake on New Years Day 2020

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください