當銘幸貴(M2)が令和元年度人間総合科学研究科長賞を受賞

人間総合科学研究科 感性認知脳科学専攻(M2)の當銘幸貴が令和元年度人間総合研究科長賞を受賞しました。2019年度にExperimental Animals誌に筆頭著者として論文「Elevated maternal retinoic acid-related orphan receptor-γt enhances the effect of polyinosinic-polycytidylic acid in inducing fetal loss.」 発表したことが評価されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください