芸術系の小山研究室・山中研究室と首藤講師の共同研究成果が学会発表されました

 首藤文洋講師と筑波大学芸術系の小山 慎一先生、山中敏正先生のグループの研究成果が芝浦工業大学 豊洲キャンパスで開催された第21回日本感性工学会大会で発表されました。 演題名は、「病室での利用を仮想した照明色に対する印象評価法の検討. 」です。

Lines and points in a wave shape. 3D render.

松浦健太朗、周セン、島田開、首藤文洋、小山 慎一、駒田博、山中敏正. 病室での利用を仮想した照明色に対する印象評価法の検討. 第21回日本感性工学会大会. 2019.09.13. 東京.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください