当研究室への卒業研究生・大学院生の参加について

 当研究室で卒業研究を行いたいというご希望や大学院生として研究に参加したいという問い合わせを複数受けております。また研究するにあたり、どういう知識を身につけておいたらよいでしょうか?というご質問もありました。生物学や神経科学の基礎的な知識があると、スムースに研究活動に入れると思いますが、まずは現在の自分の専門科目をしっかり学んでいただきたいと考えています。

 当研究室の研究にご興味のある方は、武井教授までぜひお問い合わせください。研究室訪問には随時対応しております(訪問前にメールでお問い合わせください)。

 下記の教科書を一通り読んでおくと、神経科学や分子生物学の知識を整理できますのでお勧めします。

● カンデル神経科学 金澤一郎 (監修), 宮下保司 (監修), Eric R. Kandel (編集), James H. Schwartz (編集), 他  ディカルサイエンスインターナショナル (2014/4/25)

http://www.medsi.co.jp/kandel/

● 細胞の分子生物学 第6版 ALBERTS (著), JOHNSON (著), LEWIS (著), MORGAN (著), RAFF (著), 他出版社: ニュートンプレス; 第6版 (2017/9/15)

https://www.newtonpress.co.jp/book/other/cell_6.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください