Journal Club (April 27, 2021)

GPER1 is required to protect fetal health from maternal inflammation (GPER1は母体炎症から胎児を守るために必要である)

Alfred T. Harding1, Marisa A. Goff2, Heather M. Froggatt1, Jean K. Lim2, Nicholas S. Heaton1,3,*

1Department of Molecular Genetics and Microbiology, Duke University School of Medicine, Durham, NC 27710, USA.
2Department of Microbiology, Icahn School of Medicine at Mount Sinai, New York, NY 10029, USA.
3Duke Human Vaccine Institute, Duke University School of Medicine, Durham, NC 27710, USA.
↵*Corresponding author. Email: nicholas.heaton@duke.edu

デューク大学は1924年に設置された米国の私立大学であり、ノースカロライナ州ダーラムに本部がある。Ivy plusに数えられる。Scienceは1880年に創刊された。アメリカ科学振興協会 (AAAS)によって発行されている学術雑誌である。

Abstract
Type I interferon (IFN) signaling in fetal tissues causes developmental abnormalities and fetal demise. Although pathogens that infect fetal tissues can induce birth defects through the local production of type I IFN, it remains unknown why systemic IFN generated during maternal infections only rarely causes fetal developmental defects. Here, we report that activation of the guanine nucleotide–binding protein–coupled estrogen receptor 1 (GPER1) during pregnancy is both necessary and sufficient to suppress IFN signaling and does so disproportionately in reproductive and fetal tissues. Inactivation of GPER1 in mice halted fetal development and promoted fetal demise, but only in the context of maternal inflammation. Thus, GPER1 is a central regulator of IFN signaling during pregnancy that allows dynamic antiviral responses in maternal tissues while also preserving fetal health.

要約

妊娠時に感染症に罹患すると胎児に種々の問題が生じる。本論文では、母体感染から胎児を守るためにエストロゲン(女性ホルモンのひとつ)シグナルが関わることを示している。胎児組織におけるタイプIインターフェロン(IFN)のシグナル伝達は、発生異常や胎児の死亡を引き起こす。胎児組織に感染した病原体は、局所的なIFNの産生によって先天性異常を引き起こすが、母体の感染時に産生された全身性IFNが胎児の発育異常を引き起こすことが稀である理由はまだ不明である。本論文では、妊娠中にグアニンヌクレオチド結合タンパク質共役型エストロゲン受容体1(GPER1)を活性化することは、IFNシグナルを抑制するのに必要かつ十分であり、その効果は生殖組織と胎児組織では不均衡であることを報告している。マウスでGPER1を不活性化すると、胎児の発育が止まり、胎児の死亡が促進されるが、これは母親の炎症がある場合に限られる。このように、GPER1は妊娠中のIFNシグナルの中心的な制御因子であり、母体組織におけるダイナミックな抗ウイルス反応を可能にすると同時に、胎児の健康を維持することができる。

西川伸一先生による本論文の解説:AASJ Website

Fig. 1 A CRISPR screen identifies GPER1 as a negative regulator of the type I IFN response.https://science.sciencemag.org/content/371/6526/271

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください