本日のLab Seminar (May 18, 2020)

本日は、新医学専攻の高田拓弥が以下の論文を紹介しました。自宅からZOOMを用いての参加です。研究活動を早期に再開できるのを期待しています。

Lupus autoantibodies act as positive allosteric modulators at GluN2A-containing NMDA receptors and impair spatial memory

ループス自己抗体はGluN2A含有NMDA受容体でポジティブアロステリックモジュレーターとして機能し、空間記憶を損なう lupus、ループス:ラテン語で狼の意味

Nature Communications volume 11, Article number: 1403 (2020) Cite this article

Abstract

Patients with Systemic lupus erythematosus (SLE) experience various peripheral and central nervous system manifestations including spatial memory impairment. A subset of autoantibodies (DNRAbs) cross-react with the GluN2A and GluN2B subunits of the NMDA receptor (NMDAR). We find that these DNRAbs act as positive allosteric modulators on NMDARs with GluN2A-containing NMDARs, even those containing a single GluN2A subunit, exhibiting a much greater sensitivity to DNRAbs than those with exclusively GluN2B. Accordingly, GluN2A-specific antagonists provide greater protection from DNRAb-mediated neuronal cell death than GluN2B antagonists. Using transgenic mice to perturb expression of either GluN2A or GluN2B in vivo, we find that DNRAb-mediated disruption of spatial memory characterized by early neuronal cell death and subsequent microglia-dependent pathologies requires GluN2A-containing NMDARs. Our results indicate that GluN2A-specific antagonists or negative allosteric modulators are strong candidates to treat SLE patients with nervous system dysfunction.

https://www.nature.com/articles/s41467-020-15224-w

全身性エリテマトーデス:https://www.nanbyou.or.jp/entry/53

●新医学専攻コース(研究室実習)(医学類HPより抜粋)

さらに5年次後半から6年次前半までのおよそ半年間は、希望する研究室にてフルタイムで研究を行う新医学専攻コースを選択できます。また、これを選択した学生の中から、毎年2名に限り研究医養成コースに入ることができます。研究医養成コースに入ると月額5万円程の奨学金が支給され、また卒業後は直ちに大学院博士課程に進学し、早期に博士の学者として大学を始めとする教育研究機関で活躍することが期待されます。

*当研究室では、新医学専攻コースで研究室に参加する学生を募集中です。よろしくお願いします。

Group of happy doctors on seminar in lecture hall at hospital

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください