本日のJournal Club(Tome)

本日は、「Maternal Inflammation Disrupts Fetal Neurodevelopment via Increased Placental Output of Serotonin to the Fetal Brain.」(妊娠中の炎症は、胎盤のセロトニン放出量の上昇により仔の神経発達を障害する)という論文を勉強しました。

妊娠中の母体の炎症を子孫の神経発達障害のリスク増加と結び付けるメカニズムはよくわかっていません。 この研究では、妊娠中期の母親の炎症が胎盤内のセロトニン(5-HT)へのトリプトファン変換の上方制御をもたらすことを示しています。 驚くべきことに、このことにより胎児の前脳が生体アミンの濃度増加に暴露され、非常に重要である5-HT依存性神経発生プロセスの特定の変化をもたらします。 筆者たちは、胎児の前脳における5-HTの増加に起因するセロトニン作動性軸索成長の変化を発見しました。 このデータは、胎児の脳の発達に重要な役割を果たす胎盤機能と、母体の炎症など出生前の有害事象によってこのプロセスがどのように変化するかについての新しい知見を提供します。 この結果は、精神障害の初期の発達的起源を理解するための重要な将来の方向性を示しています。

Significance Statement

The mechanisms linking maternal inflammation during pregnancy with increased risk of neurodevelopmental disorders in the offspring are poorly understood. In this study, we show that maternal inflammation in midpregnancy results in an upregulation of tryptophan conversion to serotonin (5-HT) within the placenta. Remarkably, this leads to exposure of the fetal forebrain to increased concentrations of this biogenic amine and to specific alterations of crucially important 5-HT-dependent neurogenic processes. More specifically, we found altered serotonergic axon growth resulting from increased 5-HT in the fetal forebrain. The data provide a new understanding of placental function playing a key role in fetal brain development and how this process is altered by adverse prenatal events such as maternal inflammation. The results uncover important future directions for under- standing the early developmental origins of mental disorders.

Articles, Development/Plasticity/Repair

Maternal Inflammation Disrupts Fetal Neurodevelopment via Increased Placental Output of Serotonin to the Fetal Brain

Nick Goeden, Juan Velasquez, Kathryn A. Arnold, Yen Chan, Brett T. Lund, George M. Anderson and Alexandre BonninJournal of Neuroscience 1 June 2016, 36 (22) 6041-6049; DOI: https://doi.org/10.1523/JNEUROSCI.2534-15.2016

https://www.jneurosci.org/content/36/22/6041.long

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください