第41回日本神経科学会大会 (Neuro2018)に参加


2018年7月26-29日、第41回日本神経科学会大会 (Neuro2018@神戸コンベンションセンター)が開催されました。「神経科学の新しい水平線 (New Horizon of Neuroscience)」をテーマに、プレナリーレクチャー、特別講演をはじめとして、シンポジウム、教育講演などが多数行われていました。学会期間中は外気温が40℃に迫る酷暑となりましたが、会場内はエアコンが効いていて寒かったです。期間後半は、迷走する台風に翻弄されました。

 私たちの研究室からは武井教授、首藤講師、越田助教、佐々木助教が参加し、三つの演題「VGlut3-Positive Serotonergic Fiber Projection in the Poly:IC Treated Mice」、「Myosin1d localizes in dendritic spines through the tail homology 1 domain」、「Abnormality of postnatal synapse formation/pruning in cerebral cortex of a primate model of ASD」
を発表しました。https://www.jnss.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください