第122回日本解剖学会総会・全国学術集会で越田助教が研究発表をしました

長崎大学で開催された第122回日本解剖学会総会・全国学術集会に武井陽介教授、越田隆介助教が 参加しました。越田助教が研究発表「 MafBは後脳脈絡叢の正常な形成に必須である 」をしました。長崎は、花が咲き春に満ち溢れていました。

第122回日本解剖学会総会・全国学術集会 http://www.procomu.jp/anat2017/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください