第125回日本解剖学会総会・全国学術集会は中止・誌上開催に

2020年3月25-27日に山口県宇部市で開催予定の第125回日本解剖学会総会・全国学術集会は、 COVID-19の感染拡大、ならびに大規模なイベントの中止・延期・規模縮小を要請する政府の基本方針を鑑みて中止となり、誌上開催になりました。

特別講演として大隅良典先生(東京工業大学科学技術創成研究所 細胞制御工学センター 栄誉教授)「形態観察から始まったオートファジー研究 細胞内リサイクルシステム」、坂井健雄先生(順天堂大学保健医療学部/大学院医学研究科 特任教授)「医学と解剖学の歴史」、諸橋憲一郎先生(九州大学医学研究院 分子生命科学系部門 主任教授)「性スペクトラムの生物学」、篠田謙一先生(国立科学博物館 副館長)「DNAで解明する日本人の起源」などが予定されていました。

大変残念ですが、これを奇貨として今後の学会の新しいあり方を模索していけたらと思います。

日本解剖学会: http://www.anatomy.or.jp/

第125回日本解剖学会総会・全国学術集会: http://procomu.jp/anat2020/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください