感性認知脳科学専攻中間発表会・構想発表会が開催されました

 感性認知脳科学専攻中間発表会(博士前期課程2年生対象)が開催されました。冒頭に山中敏正専攻長より、修士論文提出までのスケジュールについて説明があり、それまでに為すべきこと、研究をまとめる心構えについてお言葉をいただきました。学生は15分間にこれまで行ってきた研究成果を詰めこみ、指定学生討論者を中心に活発な議論が行われました。修士論文作成もいよいよ大詰めです。一方、同専攻前期課程1年生は研究構想発表会で修士課程の研究計画についてポスター発表しました。こちらは指導教員からの助言を受けて研究を進めていくマイルストーンです。

 当研究室からは学生2名が研究発表を行いました。

  • Jinmin Li. The development defect of serotonergic neuron induced by maternal immune activation. 2019年度感性認知脳科学専攻 前期課程 中間公開審査. 2019.9.24.
  • Saki Tome. RORγt Tgマウスにおけるpoly(I:C)誘導性流産率の上昇. 2019年度感性認知脳科学専攻 前期課程 中間公開審査. 2019.9.24.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください