感性認知脳科学合宿2019が開催されました

 感性認知脳科学専攻の合宿潮来ホテルで7月8-9日の2日間開催されました。当研究室の学生とスタッフ全員が参加しました。前期課程学生1年生の研究計画発表と同2年生の研究成果報告、大学院科目の総合演習の計画と成果報告を行いました。夜遅くまでディスカッションが続きました。

 当研究室からは、Li Jinminが「免疫活性化母体から生まれたマウスにおけるセロトニン神経発達異常」、當銘幸貴が「 Increased poly(I:C)-induced fetal loss in RORγt overexpressing mice」と題して研究発表を行いました。合宿担当の先生方、学生の皆様お疲れさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください