武井陽介教授の論文がJournal of Neuroscienceに掲載されました

本研究室の武井陽介教授、東京大学大学院医学系研究科の廣川信隆特任教授、吉川弥生医師らの研究グループの論文「Defects in synaptic plasticity, reduced NMDA-receptor transport, and
instability of PSD proteins in mice lacking microtubule-associated protein 1A (MAP1A)」がJournal of Neuroscienceに掲載されました。

関連リンク
筑波大学 脳で記憶を支える『受容体輸送の脱線防止機構』を解明
プレリリース

Abstract molecules design. Molecular structure. Graphic illustration for your design

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください