佐々木助教が一般財団法人予防衛生協会研究奨励賞を受賞しました

医学医療系の佐々木助教は、「霊長類の大脳皮質領野形成とその破綻による精神疾患発症メカニズム」に関する研究が評価され、平成30年度一般財団法人予防衛生協会 研究奨励賞を受賞しました。11月10日につくばイノベーションプラザで表彰式が行われました。

この賞は、実験用霊長類等を用いて学術的または技術的に優れた業績をあげている研究者に授与されるものです。

 

関連リンク
筑波大学 受賞・表彰
一般社団法人 予防衛生協会

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください