本学位プログラムリーダーから

ニューロサイエンス学位プログラムへようこそ

私たちのニューロサイエンス学位プログラムは,国際標準の「ニューロサイエンス」の大学院教育課程として本年4月にスタートしました。現在のニューロサイエンスは、脳の構造や機能を記述し理解するだけの学問ではありません。その研究対象は、心の働きのメカニズム解明、病気の診断や治療の開発、更には複雑な人間関係や社会の在り方の原理の理解にまで及び、様々な研究分野の方法論を統合して研究が進められるようになってきています。また、これらの問題の解決に社会から寄せられる期待も非常に大きく、海外の大学や研究機関では既にニューロサイエンスの専門家養成コースが用意され多くの人材を輩出しています。
今回、筑波大学ではニューロサイエンスのエキスパート養成の社会的要請に応えるため、基礎神経科学、心理学、行動学を専門とする研究者に加え、臨床医学(精神神経医学)、臨床障害科学、生物学,農学,獣医学,工学などを専門とする研究者・臨床家が集結し、広範な研究フィールドを基盤として、「ニューロサイエンス」分野の国際競争力を持つ人材育成を推進することになりました。
本プログラムは、何よりもまず世界に通用するレベルの研究を行い、成果を世界に発信できるように高度の研究力と語学力・コミュニケーション能力を持った人材の育成に取り組みます。同時に、修士課程・博士課程卒業後のキャリアパス構築のために企業でのインターンシップや国内外の研究者によるセミナー、懇談会なども豊富に用意されています。
『ニューロサイエンスのエキスパート』を目指す皆さんに必要なのは好奇心と前向きな気持ちです。知識や経験の不足を心配することはありません。それらはニューロサイエンス学位プログラムの教育課程で必ず獲得することができます。ニューロサイエンスに関心のある皆さんの参加を心よりお待ちしています。

ニューロサイエンス学位プログラム・リーダー 武井陽介